『マインドフルネス』ハーバード・ビジネス・レビュー 読みました。

日経新聞を読んでいたときに、ある記事で「マインドフルネス」のことが書いてあって
もう少し知りたいと、読んでみました。

「マインドルフネス」とは
自分自身をもう一度新しく力で満たすこと

そして、「マインドフルネス」の状態は
力に満ちた状態であると同時にとても心静かな状態のようです。

そして、そういう状態になることのメリット
なる方法が書かれていました。

「マインドフル」になるためにはどうすればよいか。
それが「マインドフルネス」の教えのようです。

「マインドフルネス」になるためには
「瞑想」が主たる方法として本で薦められていました。

「毎日の決まった流れから自分を引き離して、仕事と人生についてじっくり考え、
自分にとって本当に大事なことを見極める」
「内省を習慣的に行うこと」
そこから力を導くこと、これが「マインドフルネス」の本質のようです。

ついつい、日常生活を送ることでいっぱいになってしまい
上記のような時間は意識的に持たないととれませんが
大事なんだなということが書かれています。

また、本では、「マインドフル」な状態で上手くいった事例や
流行のような形となっているので
「マインドフルネス」を上司が強要し目的化してしまうよくない例や
「マインドフルネス」をすればなにかが達成されることを約束するかのようなことの
誤りについて書いてあります。

「マインドルフルネス」については、本の前半でほぼ語っているので
その後は、事例紹介みたいな感じでしたが
興味のある方は読んでみてもいいかもしれません。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメント