『日没』桐野夏生 読みました。

『日没』桐野夏生 読みました。

最初は、良く分からない小説家がどうなるのかなと思って読んでいたら
とんでもない施設に入れられて、さらに、とんでもない施設のスタッフと精神科医
そして、結末と桐野夏生さんの本ならではのお話しでした。

しかし、桐野夏生さんの本を読むときは、毎回今回はどんな悲惨な話で、
どんな気持ちになるのだろうと思いながら挑む(笑)ので
ある意味期待を裏切られない本でした。

しかし、いつかのインタビューで、本では現実より進んだ話を想定して書いていても
現実がそれを超えていくというようなことをお話していたので
こんな世の中になっていったらいやだなあと思いました。

お話は、作家が国により表現、思想規制、思想の矯正を受ける話なのですが、
歴史を振り返れば、政府の思いと異なる
思想を先導する人はいつも弾圧にあってきているので
それがこの世界の舞台で実は、秘密裏に行われているという話の設定がセンセーショナルでした。

そして、また登場人物がひどくて、怖いです。
読んでて気持ちが悪くなりますが、何とか読み進めました。
そして、ラストも多少のネタバレになってしまいますが、救いがないです。

そして、既に立場によるしがらみはあると思いますが
自由に思想を発信できる世の中であってほしいと思いました。

本を読んだ後に読むといいと思う著者インタビューはこちら

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメント