その他

その他

『三千円の使いかた』 原田 ひ香 読みました

『三千円の使いかた』 原田 ひ香さん読みました。 最近、雑誌などでも見ることがあるので話題の本、著者かなと思います。 話は、孫、母親、祖母、の三世代の女性がお金について 考える本でした。 ただ、タイトル通りに三千円の使い方だけが描か...
その他

『川のほとりに立つ者は』寺地はるな 読みました

『川のほとりに立つ者は』寺地はるな 読みました。 主人公の、「清瀬」と「松木」という彼との関係性から 「清瀬」のバイト先や「松木」の友達関係など 人間関係について描かれています。 「清瀬」は松木が今回倒れてしまったことで 今まで自分...
その他

『美をつくる食事』 富永愛 読みました。

『美をつくる食事』 富永愛 読みました。 年齢とともに、健康によい食事というものを意識するようになりました。 そんなときに、富永愛さんが本を出しているのを思い出し読んでみました。 読んでみると、今、自分が気になっている発酵食品に対し...
その他

『愛なんて大っ嫌い』冨永愛読みました。

いわずと知れた、スーパーモデル冨永愛さんの本です。 この後読んだ、「美を作る食事」を読む前に読んでみました。 冨永愛さん、とても華やかな方ですが、 本を読むと幼少期とても苦労していたことが分かります。 本では、最初から身長が高かった...
その他

『テスカトリポカ』佐藤 究  読みました。

『テスカトリポカ』佐藤究を読みました 直木賞受賞作です。 ネタバレになりますが、 古代文明アステカの神を崇める麻薬密売人(ナルコ)が流れて日本に辿り着き 臓器売買ビジネスに携わる話です。 長文の作品なので、シーンがどんどん変わります...
その他

『星を掬う』 町田そのこ 読みました。

『星を掬う』 町田そのこ 読みました。 『52ヘルツのクジラたち』で本屋大賞を受賞した、待望の受賞後第一作です。 多少ネタバレ含みます。 芳野千鶴ちゃんの話からスタートし、親に捨てられ、とんでもない夫からDVを受けて 不幸のてん...
その他

『赤と青とエスキース』青山美智子 読みました

2022年の本屋大賞2位本です。 最近一気に2022年の本屋大賞の本を読めました。 最初の章は、若い子の恋愛もので???これが本屋大賞って思いながら読んでいましたが この本はだんだん後半になって盛り上がってくる本で、 まるでドラマのよ...
その他

『スモールワールズ』一穂 ミチ 読みました。

2022年の本屋大賞3位の作品で 6編の短編からなる本です。 ・ネオンテトラ ・魔王の帰還 ・ピクニック ・花うた ・愛を適量 ・式日 の6作品です。それぞれとても読み応えがありおもしろかったです。 ・「ネオンテトラ」は、子ども欲...
その他

『同志少女よ、敵を撃て』逢坂 冬馬 を読みました。

『同志少女よ、敵を撃て』逢坂 冬馬 を読みました。 2022年本屋大賞受賞作品です。 時は第二次世界大戦の頃 ロシアとドイツの戦争のさなかの女性狙撃手の話ですが 舞台がロシアであること。 同じ狙撃手のなかに、ウクライナ出身のオリガがい...
その他

『人は話し方が9割』 永松茂久読みました。

とても、わかりやすい内容でした。 そして、実践しやすいです。 自分の癖や自分のタイプで参考になる箇所が違うと思いますが、 私は以下のあたりが気をつけたいなと心に残りました。 話している相手を否定しなければ 相手もあなたを否定しなくな...
タイトルとURLをコピーしました