その他

その他

『伝え方が9割』 佐々木圭一読みました。

仕事で提案書を作る機会があって、手にとってみました。 読んでみてなるほどと思ったところと、 やりすぎでくどい、なかなか使い勝手は良くないと思ったところはありましたが 心に残ったことと、書き留めたいことを残します。 イエスに変える方法。...
その他

『母を捨てるということ』おおたわ史絵 読みました。

医師のおおたわ史絵さんが、家族の薬物依存症と幼いころから向き合って過ごした経験から 依存症という病をよくすることの難しさ、その家族にしかわからない話が書かれていました。 この先生も、なんとなくテレビに出ているのを見ているときには、 西...
その他

『百合中毒』井上 荒野 読みました。

『百合中毒』井上 荒野 読みました。 昔出て行った夫が家に突然戻ってきたところから話が混乱し始めます。 父親が急にイタリア女性と家を出て行ったのに、その女性がイタリアに帰ってしまったらひょっこり家に戻ってきます。 そのときには、母親に...
その他

『最後の講義 完全版』西原理恵子 読みました。

以前もこの方の本を読んだことがあります。 自信が、夫のDVやアルコール依存症に苦しめられた経験から、 そういった症状の人に家族だけで対応してはいけない話や介護も同様に記載があります。 または、仕事などもプライドより、まずは自分の得...
その他

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディ みかこ 読みました。

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディ みかこ 読みました。 イギリスに住んでいる著者の息子さんがそれまで通っていたカトリック系の小学校から 公立の中学生活を送ることになって人種問題や、友人関係に悩む姿から グローバ...
その他

『夏物語 』川上 未映子 読みました。

『夏物語 』川上 未映子 読みました。 妹と姉の話でスタートしましたが 最終的には、人が生まれてくることについて考えさせられたりする本でした。 とにかく、このテーマと本すごいなあ、人にも薦めたいなと思いました。 最初の取っ掛かりから...
その他

『君たちはどう生きるか』吉野源三郎 読みました。

『君たちはどう生きるか』吉野源三郎 読みました。 2017年頃に流行した本です。吉野源三郎作の小説「君たちはどう生きるか」が原作の漫画です。 81年前に書かれた物語のようです。 読んでみると、物語の舞台は昭和初期です。 甥っ子のコペ...
その他

『流浪の月』凪良ゆう 読みました。

『流浪の月』凪良ゆう 読みました。 2020年の本屋大賞の受賞作です。 話のネタバレですが、子どもの頃に世間から誘拐されたと思われた少女は、 自分の環境が嫌で、自分の意思で男性と一緒にいたというお話で、 世間からの見え方と、当事者の思...
その他

『FACTFULNESS 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリングを読みました。

『FACTFULNESS 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』を読みました。 読んでみると、とても納得のいくタイトルどおり データを正しく見る習慣をこの本を基に身に付けたいと思う本でした。 現在のコロナ過を生き...
その他

『熱源』川越宗一 読みました。

第162回 (2019年)直木賞受賞作です。 北方領土である、サハリンに住んでいるアイヌ民族と サハリンに流刑された、ロシアの人の話や太平洋戦争の話など壮大なテーマの話です。 直木賞は、大衆小説作品に文学賞が贈られるということなので ...
タイトルとURLをコピーしました