『傲慢と善良』辻村深月 読みました

『傲慢と善良』辻村深月 読みました。

婚活中に出会った2人と、その周囲の人の思いが
浮き彫りになるお話でした。

架と真実が婚活で知り合い
結婚まで後もう少しというところで
真実がいなくなります。

真実を探していく中で二人の関係や、
彼女のことを深く知ったり自分のことを改めて考えたり
結婚までにいたる道のり
結婚を決めるまでの道のりの大変さと切実な思いが書かれていました。

婚活中の人にとても響きそうな本ですが
全く立場が違う自分でも、
真実の母親や姉、それぞれの友人の性格や言動などの
人間模様がおもしろかったです。

最後には、それぞれ自分を深く見つめた末に
2人ともが自立し、ハッピーエンドだったのも良かったです。

子供もいる立場で読むと
親が過干渉で、親が決めてばかりいると
自分で物事を決められない子どもになったりして
どこかで自分が気がつけばいいけれども
そうでないと、物事を主体的に考えられない人に育ってしまうため
本当に気をつけないとなと思います。

辻村さんの本では、ちょっと今までとは違う
大人の本だったかなと思いますが
また新刊が出たら読んでみたいなと思います。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメント