窪美澄

窪美澄

『じっと手を見る』 窪美澄 を読みました

『じっと手を見る』 窪美澄 を読みました 介護士として働く、日奈と海斗が つきあったり、離れたり、 離れているときのそれぞれのパートナーの事情が出てきたり 話がつながりながら、また二人が戻っていくという話でした。 介護士という仕事の...
窪美澄

『よるのふくらみ』 窪美澄

『よるのふくらみ』 窪美澄​を読みました。 ​ 内容は段落として6つまとまっているものですが 登場人物は全て同じストーリーでつながっていて それぞれの感情が表現されています。 みひろと圭ちゃんと、裕太、近所の商店街で幼馴染のように育ち...
窪美澄

『さよなら、ニルヴァーナ』 窪美澄

『さよなら、ニルヴァーナ』 窪美澄 を読みました。 久しぶりに、読書記録です。 予備知識なく読み始めたら、神戸連続児童殺傷事件をモチーフにした小説で かなり衝撃的な内容でした。 窪美澄さんも、好きな作家さんなのですが 挑戦したなあ...
窪美澄

『水やりはいつも深夜だけど』 森美澄

『水やりはいつも深夜だけど』 森美澄 を読みました。 。小説 野性時代に出していたものがまとまった5編の短編です それぞれ、家族の話で心に残りました。 子育て中の女性が実際よりブログで自分をよく見せている話。 育児ノイローゼになってしまっ...
窪美澄

『晴天の迷いクジラ』 窪美澄

『晴天の迷いクジラ』 窪美澄 を読みました。 田舎から出てきてデザイナーとしてやっている由人と その会社の社長野乃花、親に監視されて息の詰まった正子が が出会い湾に紛れ込んでしまったクジラを見に三人で 過ごしながら、少しづつ前向きになって...