日経新聞より 低コスト投信の資金流入額ランキング

長期投信を始めようと考えていますが
まだ始めていません。
春には始めたいと思っています。
日経新聞に、信託報酬を従来より低めに抑えたいわゆる
「低コスト投信」の投入が相次いでいると書いてありました。
まずは用語から
信託報酬とは…
詳しくはこちら
要は投信を持ち続けている限り、ずっとかかる手数料。
マンションの管理費と同じのようです。
ノーロード投信といってもそれは、販売手数料がかからないだけで
信託報酬については普通に発生しているようです。
記事には、これまで投信の手数料は購入時の手数料を無料にしたノーロード商品を
投入したり、ネット商品を投入したり、ネット証券などが独自に手数料を無料に
したりする動きがあったが、信託報酬は大きな変化がなかった。ここへきて広がる信託報酬
の引き下げ傾向は、投資家の選択肢と利便性が増す絶好の機会になるとありました。
やはり、これからの時期に、長期投資は考えなくてではですね。
低コスト投信の資金流入額ランキング
1、ニッセイ日経225インデックスファンド
2、野村インデックスファンド・日経225
3、eMAXIS TOPIXインデックス
4、ニッセイ外国株式インデックスファンド
5、eMAXIS 日経225インデックス
6、eMAXIS 先進国債権インデックス
7、SMT グローバル株式インデックス・オープン
8、eMAXIS バランス(8資産均等方)
でした。
最近娘の転園準備や、年度末の忙しさで少し
考えられていないこのことについて
そろそろ本腰を入れていかなくてはです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

コメント