『鳩の撃退法』 上・下 佐藤正午 読みました。

この本のなんと、読みにくかったこと。読みにくかったこと。
本の内容の小説家が書いていることと、実際の小説が同時進行で進んでいくので
途中で理解に苦しみました。しかも時系列も飛んだりします。

しかし、登場人物の主人公、津田さんが理屈ぽくもおもしろくて、
ついつい最後まで読みきってしまいました。

最後まで、倉田と幸地秀吉が少しミステリアスなところもお話として
おもしろかったです。
鳩についても、最後どうしてそうなったかという流れがわかりました。

この方の本は、ちょっと構成にこだわりがあるのかなと思いました。
読みづらいですが、おもしろかったです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメント