『人魚の眠る家』 東野圭吾 読みました


『人魚の眠る家』 東野圭吾を、読みました。

子供の臓器提供の話です。
子供が事故にあい、脳死状態に陥ったときに
親としてどうしたらいいのか、現在の制度などの
問題点が提起されている内容でした。

こういったテーマは難しいので
結論は出ないのですが、
考えさせられる内容でした。

そして、最後に母親として薫子のセリフには
泣かされました。

「この世には狂ってでも守らなきゃいけないものがある。そして子供のために
狂えるのは母親だけなの」

確かに、自分の子供のことなら
何をおいてもという気持ちは理解できたので
ぐっときました。

久しぶりに東野圭吾さんの本を読みましたが
期待を裏切らない内容で楽しい読書の時間でした。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

コメント