『シーソーモンスター』伊坂幸太郎 読みました。

知らないで借りたら、先日読んだ朝井リョウさんと同じシリーズの
海山伝説をモチーフとしたお話でした。

『死にがいを求めて生きているの』朝井 リョウ 読みました。
『死にがいを求めて生きているの』朝井 リョウ 読みました。知らずに読み進めましたが、螺旋プロジェクトなるものの「海族」「山族」の物語のシリーズの1冊だったようです。なぜ、気の合わないもの同士が一緒にいるのか?と思いましたが...

話が2つ収録されているのですが、前に収録されていた
嫁姑問題の「シーソーモンスター」はおもしろかったです。

伊坂さんと言えば、殺し屋シリーズなどでもよく特殊能力を持った主人公が出てくるのですが、
その能力を妻が持っていて夫は知らないけれども、
実は妻は秘密組織で働いていたという設定でした。
ラストのほうでまさかのあなたもだったのですか!という展開があっておもしろかったです。

2つ目の話も、たまに伊坂さんの本で読んだことのあるような
未来の話でした。
世の中が、監視カメラや自分の持っているカードかなにかで
すぐ動きが突き止められて、そうそう遠い話でもないのかなあなんて思いながら
読んでいました。
私は、最初の話が女性が主人公の話で嫁姑問題も絡まっていて
好きでした。

話はまったく1つ目の話とつながらないかなと思っていたら
最後のほうでちょっと登場人物が出てきて、
楽しかったです。

海山伝説シリーズですが、知らなくても楽しめる本だと思います。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメント