『クスノキの番人』東野圭吾 読みました

クスノキについては超常現象的なお話ではありますが、
人と人のつながりや、家族のつながりの話がメインで
どうなるかな?と思いつつ、ハッピーエンドを願いながら読んだお話でした。

ラストは、少しネタバレですが
あれ、またその設定なのかと思うところはありましたが
それだけ、一般的なのかなとも、
歳ならその設定もありなのかなとも思いながら読みました。

本の公式サイトで著者が
「人殺しの話ばかり書いていると
時折ふと人を生かす話を書きたくなるのです」
というとおり、ほっこりする読後感のよいお話でした。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメント