『さざなみのよる』木皿泉 読みました。

『さざなみのよる』木皿泉 読みました。

主人公は、ナスミ。
ネタバレですが、最初の章で記載されています…。
若くして「がん」になってしまい、かかわりのある人たちの感情が
描かれています。

どの章もとても、温かい文章で綴られていて
思わず涙してしまったり、感情が動かされました。
ナスミとは直接かかわりのない、「利恵」さんの章などは
ナスミの本音や「利恵」さんのここではないどこかに行きたい気持ちの
書かれ方がうまくて、心に残りました。

全ての章が短編で1人ずつの内容なのですが
とても上手くまとまっていて話が落ち着いています。

作家さんはどんな人なのかなと思ったら
夫婦脚本家ユニットということで、びっくり。
以前も読んだことありましたが、知らなかったので
こんな形で本を出すこともあるんだなと思いました。

この本を読む前は、最近「実用書」または、「育児書」を読んでいたため
物語から離れていたのもあり、やはり良い小説を読むと心を豊かにしてくれると実感しました。
何気ない日常のありがたさや、主人公が「がん」で亡くなってしまった話のため
健康で過ごせていることのありがたさも感じました。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメント