辻村深月

辻村深月

『かがみの孤城』辻村深月 読みました。

​​ 『かがみの孤城』辻村深月 読みました。 学校に行けなくなってしまった中学生の子供(こころ)が 鏡を通じて、お城へ行ったりする設定のファンタジーなお話でした。 読書は好きですが、リアルとファンタジーを行き来する物語はあまり得意では...
辻村深月

『盲目的な恋と友情』 辻村深月

『盲目的な恋と友情』 辻村深月 を読みました。 とても美しい女の子、蘭花と容姿がよくない女の子、留利絵の 友情がラストに思わぬ展開となるお話でした。 最初は、蘭花の視点、後半は留利絵の視点で描かれる 内容です。 留利絵の思い込みが怖く、ち...
辻村深月

『家族シアター』 辻村深月

『家族シアター』 辻村深月 を読みました。 いろいろな場所で書いていた内容をまとめた 短編集でした。 その中で、心に残ったのは「1992年の秋空」でした。 姉妹の話で、興味の対象が全く違う姉妹が分かり合っていき 最後にはお姉ちゃんがちょっ...
辻村深月

『島はぼくらと』 辻村深月

島に高校がない高校生4人を軸に島で暮らすことについてや Iターン、Uターン族についてのことなど 島暮らしについての話と高校生の日常がさわやかに描かれている本でした。 島で暮らすということや、島に高校がない場合いずれ島から出なくてはならない...