『店長がバカすぎて』早見和真 読みました。

『店長がバカすぎて』早見和真 読みました。

本屋さんが舞台の書店の販売員が主人公の本です。
本屋大賞で入賞したのも分かる気がします。

6編の短編が続いているのですが、
どれも舞台は同じ本屋。登場人物も同じ話が続いていきます。

どのストーリーでもタイトルどおり
店長がバカ過ぎるのですが、
最後にえっと驚くしかけがありました。

また、この物語の主人公の谷原京子こと書店員さんの
恋愛に関する選択についても、小説だなあと思うけれども
それはもったいない!と思うような内容もありました。

本好きの方なら楽しく読める本だと思います。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
モッピー!お金がたまるポイントサイト
マイルで旅行に行くのを考えているかたは登録をおすすめ

コメント