『猿の見る夢』 桐野夏生 を読みました。

『猿の見る夢』 桐野夏生 を読みました。

この本は、桐野夏生さんの本といえば、時事問題的なものと外国人が
出てくる前回読んだ「バラカ」のイメージが強いのですが
女性問題と会社の中のことで悩む主人公で意外な印象を持った本でした。

主人公の薄井はまあ、どっちつかずのしかも難しい決断は先送りする
読んでいてとてもイライラする主人公でした。
途中で、占いの先生が出てくるところはなんだか薄気味悪いですが
またその占いが当たり、実際にこういう人いたらすごいなと思う人物でした。

薄井の家族が操られている感じになってくると
いくら当たっていても怖いなあと思いました。

読んでいて、イライラしたり不愉快だなあと思いながら読んでいる箇所も多かったですが
それだけ、印象に残る作家さん、やはり桐野夏生さんの本は読後に残る作家さんだなと思いました。
面白かったけど何も残らないなあという本も多いので。

また新刊が出るのを楽しみにいます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

コメント