『流浪の月』凪良ゆう 読みました。

『流浪の月』凪良ゆう 読みました。
2020年の本屋大賞の受賞作です。

話のネタバレですが、子どもの頃に世間から誘拐されたと思われた少女は、
自分の環境が嫌で、自分の意思で男性と一緒にいたというお話で、
世間からの見え方と、当事者の思いは異なり、
事実って見え方、見せられ方でわからなくなるものだなと思いました。
お話の中でで更紗が「~事実と真実は違う~」といっていて
世間にわかってもらうのは難しい世界の話だなあとは思いました。

ただ、この話はたまたま自分の意思で男性と一緒にいたパターンだっただけで
一般的には、残忍な事件も多い誘拐事件となるパターンのほうが多いと思うので
この話はあくまでそんな例もあるんだろうなと思いながら読んでいました。

被害者と言われる人も加害者と言われる人も
ネットの世の中のため、情報がいつまでも消えないという苦労も
現代ならではだなと思いました。

ただ、自分のことを理解してくれている人が1人でもいる人は
それだけで幸せというのは分かるので、
お話はかなりつらいシーンも多かったですが
二人が一緒にいられてよかったなと思いながら読みました。

本を読むときに「本屋大賞」の本を読むことも多いですが
やはり本屋大賞をとる本はおもしろいなと思いました。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメント