『夜また夜の深い夜』 桐野夏生


『夜また夜の深い夜』 桐野夏生
を読みました。
とても特殊な環境で育った舞子の人生はどうなっていくのだろう
どんな結末が待っているのだろうと思ってい読んでいましたが、
最後に少し結末が見えて、そういうことだったのかと思いながら読んでいると
本当の最後に新たな事実が判明しびっくりして終わりました。
途中で舞子がエリス・アナと出会いそれぞれの
ここまでを語るシーンがあるのですが、
これがこの本でかなり伝えたいことではなかったかたと思うくらい
過酷な環境を生きた話がありました。
特にエリスは日本で暮らしていたら到底考えられない環境の話でした。
それを伝えたかったのかな?と思うくらい、衝撃の話です。
今の自分からは遠い世界の話だけど、実際今の世の中でも起こっている話
だとすると…。と思ってしまう内容です。
今回の内容は、自分とあまりにも環境が違う世界の話しすぎて
共感するなどというところはなかなかないのですが、
全く知らない、見たこともない世界を知るという読書の楽しみを
堪能できると思う内容でした。
また、桐野夏生さんの新刊はぜひ読みたいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

コメント