『ミルク・アンド・ハニー』村山由佳 読みました

『ミルク・アンド・ハニー』村山由佳 読みました。

ダブルファンタジーの続編と同時に
おそらく著者の村山由佳さんの実体験がベースに書かれています。

この著者の作品は、最初の「天使の卵」の頃から読んでいるので
なんという内容の違いか!と思うばかりですが
女性の描かれ方の話がおもしろいなと思って
新しい作品が出ると読んでいます。

かなり官能的に書かれているシーンもあるのですが
奈津という主人公が、モラハラ夫、省吾と別れて
その後大林というヒモダメンズと暮らしながら、不倫したりしつつ
最終的によき伴侶に恵まれるという明るい話でした。
しかし、最後のほうで奈津が理解者だった
父親を亡くすシーンもあり、村山さんはおそらく実年齢で少し上だと思いますが
これからの自分にもある親の死のシーンは読み応えがありました。

奈津は母親から受けたしつけ、教育で少しいい子過ぎる面が、
男性を甘やかし、言いたいことも言えず我慢し最終的に積もって爆発し
結果自分が困っていくというパターンを読むと
子どもと母親っていうのは、すごい影響力をもつ関係性
しかも、それが人間性を作り、なかなか大人になっても抜けないんだなあと思うと
受けた子どもは本当に大変だなあと思いました。

最近は、アダルトチルドレンや
母親が毒親だったなどということが世間一般で
周知されてきましたが、なかなか言いにくいことなので
本を読んだりして、たくさんの人が知ったり発信できたりすると良いのになと思ったりもしました。

性的な表現が多い本ですが
男女関係、人間関係の築き方、付き合い方
についてが書かれている本かとも思うのでおもしろかったです。

著者インタビュー

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

コメント