『ありがとうを言えなくて』野村 克也 読みました。

数年前までテレビで出ていて、強烈なキャラクターだった
野村沙知代さんが亡くなって、ご主人である野村克也さんが思いを綴った本です。

夫婦にしかわからない感情があると思いますが
そんなことが綴られています。

いろんなことを、奥さんが主導で行っていて
それについて知らないことが多かったことや
とはいえ、その結果については受け止めている感情の出所も書かれていました。

悪妻というイメージが多かったですが、
野村監督ならではの、納得があったんだなあと思います。
また、一般的な妻と言う役目を求めず
自分の母、父の役割を求めていたようです。

年代的に最近とは完全に異なる思考かなと思いますが
結局、夫婦のことは他人には完全に分かることはないのかなと思います。

読みやすくてさらさらと読めました。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメント