『あちらにいる鬼』井上荒野 読みました。

『あちらにいる鬼』井上荒野 読みました。
作家の井上荒野さんが
実体験をベースに両親と不倫相手の瀬戸内 寂聴さんのことを書いた本です。

著者のインタビュー
著者のインタビューと瀬戸内 寂聴のインタビュー

父親の井上光晴さんの本は、読んだことがないと思いますが
昔の作家さんという雰囲気です。

お話として、事実をある程度基にしていると思いますが
3人とも魅力的な人物像で描かれています。

作家としての篤朗、その妻笙子と
不倫相手のみはる後に寂光が
篤朗について語ったり、思ったりしていることが綴られています。

どうしようもないなあと思いながら篤朗と過ごす2人の女性の気持ちが
普通の感覚ではないのですが
好きになってしまったのだからしょうがないといいうか
なんというか、3人とも文学に携わる人ならではだなあと思います。
一般的にはなかなか難しい感覚です。

実際の話をベースにこうやって本になるのが
暮らしだったのだからすごい感覚だなと思います。
映画化とかもされそうなお話です。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメント