瀬尾まいこ

『夜明けのすべて』瀬尾 まいこ 読みました。

パニック障がいとPMSについて深刻な症状を持っている2人をメインに お話が進んでいきます。 どちらも簡単に治るものではなく、 PMSについてはさまざまな民間療法も試した結果付き合うことになっている藤沢さんと、 パニック障がいになる前ま...
その他

『伝え方が9割』 佐々木圭一読みました。

仕事で提案書を作る機会があって、手にとってみました。 読んでみてなるほどと思ったところと、 やりすぎでくどい、なかなか使い勝手は良くないと思ったところはありましたが 心に残ったことと、書き留めたいことを残します。 イエスに変える方法。...
金原ひとみ

『パリの砂漠、東京の蜃気楼』 金原 ひとみ読みました。

『パリの砂漠、東京の蜃気楼』 金原 ひとみ読みました。 ウェブ連載エッセーをまとめたものです。 久しぶりにエッセーを読みました。子育てと仕事にメインの時間が持っていかれる中の 余暇が読書かテレビか、他になにかという日常の中、小説を選ぶ...
金原ひとみ

『アタラクシア』金原 ひとみ 読みました。

アタラクシアという言葉を知らなかったけれども 「平静な心の状態」をいう古代ギリシャの言葉のようです。 この言葉を知ってふと「ギリシャ」、行ったことないけどいってみたいなと思いました。 子育てが落ち着いたら、また海外旅行をしたいです。 ...
金原ひとみ

『アンソーシャル ディスタンス』金原 ひとみ 読みました。

短編が5つの谷崎潤一郎賞を受賞した作品です。 コロナになってしまった今について、書かれた内容の短編が2つありました。 どの作品も著者らしい主人公が登場して読んでいて楽しかったです。 コロナの話は、今のまだコロナ渦のなかで読むことができ...
その他

『母を捨てるということ』おおたわ史絵 読みました。

医師のおおたわ史絵さんが、家族の薬物依存症と幼いころから向き合って過ごした経験から 依存症という病をよくすることの難しさ、その家族にしかわからない話が書かれていました。 この先生も、なんとなくテレビに出ているのを見ているときには、 西...
吉田修一

『湖の女たち』吉田 修一読みました。

ある老人ホームの事件が起きて、犯人探しが始まります。 警察の人が関係者を事情聴取していくのですが、 だんだん犯人を決めてかかっていく過程がリアルに怖くて、 こうやって全く冤罪の人が仕立て上げられるということがあるのかなと思うと怖かった...
窪美澄

『たおやかに輪をえがいて』窪 美澄 読みました。

我慢強いというか、思ったことをすぐ口にしない性格の絵里子が、 同級生の「詩織」と久しぶりにあって、話をしたり「詩織」の恋人「みなも」からも影響を受けて、 だんだん変わっていく話です。 夫が、風俗店のポイントカードを持っているところから...
その他

『百合中毒』井上 荒野 読みました。

『百合中毒』井上 荒野 読みました。 昔出て行った夫が家に突然戻ってきたところから話が混乱し始めます。 父親が急にイタリア女性と家を出て行ったのに、その女性がイタリアに帰ってしまったらひょっこり家に戻ってきます。 そのときには、母親に...
その他

『最後の講義 完全版』西原理恵子 読みました。

以前もこの方の本を読んだことがあります。 自信が、夫のDVやアルコール依存症に苦しめられた経験から、 そういった症状の人に家族だけで対応してはいけない話や介護も同様に記載があります。 または、仕事などもプライドより、まずは自分の得...
タイトルとURLをコピーしました