その他

『店長がバカすぎて』早見和真 読みました。

『店長がバカすぎて』早見和真 読みました。 本屋さんが舞台の書店の販売員が主人公の本です。 本屋大賞で入賞したのも分かる気がします。 6編の短編が続いているのですが、 どれも舞台は同じ本屋。登場人物も同じ話が続いていきます。 どの...
窪美澄

『アカガミ』窪 美澄 読みました

『アカガミ』窪 美澄 読みました。 最近の少子化問題について、思いたって書いた本なのかなと思います。 こんな世の中にはならないだろうと 思いたいような世の中の話です。 若者が、そもそも人と関わらなかったり、恋人を作りたいと思わなかっ...
6歳

鬼滅の刃(きめつのやいば)の禰豆子の衣装を作ってみました。マスクも

娘が鬼滅の刃にはまっています。 話は鬼が人を食べるので、怖いシーンもあってそういうところは 怖がってみないところもありますが、炭治郎の鬼を退治するときの決めセリフの 「水の呼吸~」と言う箇所は好きみたいでよく真似しています。 連休は夫の仕...
NO IMAGE 韓国ドラマ

韓流ドラマ記録~梨泰院クラス、太陽の末裔、キム秘書はいったいなぜ~他

もともと好きだった韓流ドラマですが、 コロナで外出できないので久しぶりに観たら案の定はまってかなりみてます。 寝不足が続くとまずいと思い、調整していたのに なんとU-nextからもう一度無料で1ヶ月見れるというキャンペーンがはじまり 気に...
伊坂幸太郎

『クジラアタマの王様 』伊坂 幸太郎 読みました。

『クジラアタマの王様 』伊坂 幸太郎 読みました。 現実世界ではかなり接点のない3人が夢でであって 現実でも戦うというなんだか不思議な話でした。 本の中に、挿絵と言うか絵が挿入されていて 不思議だなと思って読んでみたら あとがきに1度...
島本理生

『夜はおしまい』島本理生 読みました。

『夜はおしまい』島本理生 読みました。 群像という講談社発行の純文学に出ていた本でした。 話が、金井という神父、キリスト教に何らかのかかわりがある形で 女性4人の短編が描かれています。 島本理生さんの本の中ではエンタメ小説もあり、そ...
伊坂幸太郎

『シーソーモンスター』伊坂幸太郎 読みました。

知らないで借りたら、先日読んだ朝井リョウさんと同じシリーズの 海山伝説をモチーフとしたお話でした。 話が2つ収録されているのですが、前に収録されていた 嫁姑問題の「シーソーモンスター」はおもしろかったです。 伊坂さんと言えば、殺...
その他

『マインドフルネス』ハーバード・ビジネス・レビュー 読みました。

日経新聞を読んでいたときに、ある記事で「マインドフルネス」のことが書いてあって もう少し知りたいと、読んでみました。 「マインドルフネス」とは 自分自身をもう一度新しく力で満たすこと そして、「マインドフルネス」の状態は 力に満ちた...
子育ての本

『わが子の運動神経がどんどんよくなる本 』遠山健太を読みました。

図書館で新刊のところにあって気になったので読んでみました。 内容をよく読むと、運動ができることで自信がつく こどもにとって、外遊びや運動というのは大切だなと改めて思いました。 また、内容が、赤ちゃんくらい、幼児と遊ぶ例などもあり 小学...
朝井リョウ

『死にがいを求めて生きているの』朝井 リョウ 読みました。

『死にがいを求めて生きているの』朝井 リョウ 読みました。 知らずに読み進めましたが、 螺旋プロジェクトなるものの 「海族」「山族」の物語のシリーズの1冊だったようです。 なぜ、気の合わないもの同士が一緒にいるのか?と思いましたが ...